相馬眼|強い馬の見極めポイント|競馬予想サイトの口コミ・評判・評価・検証して、おすすめランキングとして競馬予想サイトを紹介するサイトです。
悪質な競馬予想サイトで詐欺にあわない為にも競馬狙い撃ちの活用をおすすめします。

ホーム相馬眼強い馬の見極めポイント

相馬眼強い馬の見極めポイント 競馬狙い撃ち 口コミ・評判・評価・検証・的中


馬体を見るポイント 相馬眼

相馬眼とは、競走馬の馬体を見極める眼力の事をいいます。
血統と並んで評価が難しく、また見る人によって評価が変わってきます。

それは馬体を見るポイントがそれぞれ異なっているからです。
「どの見方がよいか?」・・・意見の別れるところだと思います。。。。

本当の意味で血統が良ければ、その良さは馬体にも現れます。
血統が良いと言うのは祖先が活躍していたということであり、祖先も当然走る馬体をしていたはずです。
その”走る馬体”が血統の良さとして受け継がれる傾向が高いのです。

何十頭も何百頭もの競走馬を見るうちに良い馬には共通の特徴があるのです。
良い馬には共通した体形があり、その体形を見極めることが大切。

良い体形の馬を選ぶ上で確認すべきポイントをできるだけわかりやすく紹介します。

毛ヅヤを見る 相馬眼

相馬眼 強い馬の見極めポイント 毛ヅヤを見る

毛ヅヤの良し悪しで競走馬の体調を確認することができると信じています。 人間で言うところの顔色にあたると思っています。
一般的に「皮膚の薄い馬が良い」と言われていますが、
毛ヅヤで確認できると思います。
確認するポイントとしては1点
皮膚の光り具合を見ます。

皮膚の光り具合 相馬眼

晴天の日に競走馬を真横から見たときに、うっすらと光りを反射しているか確認する。
皮膚の薄い馬は、暑い日にはうっすらと汗ばみ体温調節を上手く行うことができると考えています。
うっすらと汗ばんだ皮膚は光りを反射し、輝いて見えます。

トモを見る 相馬眼

相馬眼 強い馬の見極めポイント トモを見る

競走馬の推進力を生み出す部位であり、
その馬のスピードの源であると信じています。
確認するポイントとしては4点
トモの長さ、深さ、幅、筋肉のつき具合を見ます。


トモの長さ 相馬眼

競走馬のトモを真横から見たときに、ゆったりとした長さ(水平方向)があるか確認する。
長ければ長いほどよく、トモの頂点の角度が緩やかなほどよいでしょう。


トモの深さ 相馬眼

競走馬のトモを真横及び後方から見たときに、ゆったりとした深さ(垂直方向)があるか確認する。
深ければ深いほどよく、トモと飛節の境目が腹袋のラインよりも下方にあるくらいがよいでしょう。


トモの幅 相馬眼

競走馬のトモを後方から見たときに、がっしりとした広い幅をしているか確認する。
広ければ広いほどよく、トモの形が角の取れた長方形に見えるくらいがよいでしょう。


トモの筋肉のつき具合 相馬眼

競走馬のトモを真横及び後方から見たときに、十分な筋肉がついているか確認する。
胴とトモの境目、トモと脛の境目がはっきりしているほどよいでしょう。

上記4点からお分かり頂けると思いますが、要は大きなトモが良いのです。
仔馬のトモは成長とともに発達していくと思いますが、
若い時期から大きなトモをしている馬は有望ですよね。
トモは大きければ大きいほどよいと言うことになると思います。

マメ知識 [平尻・斜尻]
馬のトモの形には大きく分けて2種類あると言われています。
それが平尻(ひらじり:水平尻とも言う)と斜尻(しゃじり)です。

平尻はその名前の通り、尾根がトモの頂点と同等の高さにあり横から見た時に水平に見えるトモの形状を指します。
最近はあまり極端な平尻の馬は見かけませんが、私の出資馬であるエイミングポイントは平尻に近いと思います。

斜尻は尾根がトモの頂点より低い位置にあり、横から見た時に斜めのラインに見えるトモの形状を指しています。
最近はこの斜尻の馬が多く、私の出資馬であるミラキュラスも斜尻ですね。
どちらの形状のトモを持った馬が走るということは無いようですが、
個人的には瞬発力があるように思える斜尻の馬のほうが好みです。

胴を見る 相馬眼

相馬眼 強い馬の見極めポイント 胴を見る

競走馬の瞬発力や適正距離を確認する部位であり、
その馬の柔軟性を見る上で重要な部位と考えています。
確認するポイントとしては4点
き甲の位置、背の長さ、背の湾曲、腹袋のラインを見ます。


き甲の位置 相馬眼

競走馬のき甲を真横から見たときに、き甲が肩よりも後方に位置しているか確認する。 後方すぎるということはないので、できるだけ後方にあったほうがよいでしょう。
き甲が後方にあるほど、肩の骨の傾斜があり、クッションがあると思われます。
また、次に上げる背の長さにも関係します。

背の長さ 相馬眼

競走馬の背を真横から見たときに、背が長すぎないか確認する。
競走馬の胸からトモまでの長さ(首を除いた体長)と比較して1/3以下であるのが望ましいでしょう。
背が長いということは、き甲の位置が悪いか、トモの長さが足りないことを意味します。

背の湾曲 相馬眼

競走馬の背を真横から見たときに、背の湾曲が直線に近いか確認する。
直線に近ければ近いほどよいでしょう。
背の湾曲が深ければ深いほど、走った時の負担がかかるものと思われます。

腹袋のライン 相馬眼

競走馬の腹袋のラインを真横から見たときに、ゆったりとした長さがあるか確認する。
直線に近すぎず、湾曲が深すぎず、背の長さの3倍以上が望ましいでしょう。
腹袋のラインが長いほうが大きなフォームの走りが期待できます。

マメ知識 [長腹短背]
昔から長腹短背(ちょうふくたんぱい)の馬が走ると言われています。
昔の相馬の達人も背のラインに対して腹のラインが長い馬を良しとしていたんですね。

また、「長距離で活躍する馬は背が長い(胴が長い)」とも言われますが、
これは体長に対して背が長いと言う事だと思っています。
ですから、長距離で活躍出来る馬でも背のラインよりも腹のラインが3倍以上長いほうがよいでしょう。

逆に「短距離で活躍する馬は背が短い(胴が詰まっている)」と言われます。
長距離の場合と同様に、背のラインよりも腹のラインが3倍以上長いほうが望ましいと言う事になります。

胸を見る 相馬眼

相馬眼 強い馬の見極めポイント 胸を見る

競走馬のスタミナを確認する部位であり、
その馬の持久力を見る上で重要な部位と考えています。
確認するポイントとしては1点
胸の深さを確認します。



胸の深さ 相馬眼

競走馬の胸を真横から見たときに、ゆったりとした深さがあるか確認する。
深ければ深いほどよく、前脚の長さと同じくらいの深さがあるとよいでしょう。
胸が深い馬は、心肺機能が発達していると思われます。

前脚を見る 相馬眼

相馬眼 強い馬の見極めポイント 前脚を見る

競走馬にとってもっとも怪我を発症しやすい部位であり、
脚部の丈夫さを見る上で重要な部位と考えています。
確認するポイントとしては4点。 前膊(はく)と管の角度、管の長さ、繋ぎの長さ、繋ぎの角度、
屈腱の発達を確認します。


前膊と管の角度 相馬眼

競走馬の前脚を真横及び前方から見たときに、垂直方向にまっすぐになっているか確認する。
少しでも角度がついていると一箇所に負担がかかり、怪我の原因になると考えます。
特に前方から見たときにまっすぐである事を確認しましょう。
真横から見たときに多少後方に角度がついている分にはそれ程気にすることはないと思います。


管の長さ 相馬眼

競走馬の前脚を真横及び前方から見たときに、管が短いか確認する。
競走馬の脚の部位で一番折れやすい場所であり、短いほうが折れにくいと考えます。
前膊よりも短いくらいがよいでしょう。


繋ぎの長さ 相馬眼

競走馬の前脚を真横から見たときに、繋ぎが長いか確認する。
繋ぎが長いほうがクッションがあると考えます。
管の長さと比較して1/3以上の長さがあるとよいでしょう。


繋ぎの角度 相馬眼

競走馬の前脚を真横から見たときに、繋ぎの角度が45度以下であるか確認する。
繋ぎの長さ同様、繋ぎの角度があるほうがクッションがあると思います。


屈腱の発達 相馬眼

競走馬の前脚を真横から見たときに、屈腱がくっきりと浮き出て見えるか確認する。
屈腱が弱い馬は屈腱炎になる可能性が高いと思われます。
この屈腱炎は馬の病気の中でも回復が困難な病気で、競走生命に関わる事もあります。
管から浮き出て見える屈腱は強靭であると考えます。
また、この屈腱は先天的に強さが決まっているようで、仔馬でもはっきり確認することができます。
強靭な屈腱を持つ馬はハードな調教・レースにも耐えられる丈夫さを持っていると思います。

後脚を見る 相馬眼

相馬眼 強い馬の見極めポイント 後脚を見る

トモ同様、競走馬の推進力を確認する上で重要な部位と考えます。
確認するポイントとしては3点
脛の筋肉のつき具合、管の長さ、管の角度を確認します。




脛の筋肉のつき具合 相馬眼

競走馬の脛を真横及び後方から見たときに、十分な筋肉がついているか確認する。
真横から見たときにトモと脛の境目がはっきりしており、
後方から見たときにトモの延長のように見えるのがよいでしょう。
筋肉が発達した脛からは力強い蹴りが期待できます。

管の長さ 相馬眼

競走馬の後脚を真横から見たときに、管が長いか確認する。
管が長いほうが飛節を支点とした場合の移動距離が長くなり、伸びのある走りが期待できます。
脛の長さと比較して1.5倍以上の長さがあるとよいでしょう。

管の角度 相馬眼

競走馬の後脚を真横から見たときに、管の角度が垂直方向にまっすぐになっているか確認する。
特に真横から見た時に球節が飛節よりも前方にある場合は後脚の送りに伸びを欠いてしまう可能性があります。
球節が飛節よりも多少後方にある場合は気にしなくてもよいでしょう。

マメ知識 [直飛節・曲飛節]
後脚の脛と管の角度(折(おり)の深さとも言う)によって、
飛節を直飛節・曲飛節に分類することがあります。

直飛節は脛と管の角度が180度に近く、地面からトモにかけて真っ直ぐに見える飛節を指します。
直飛節の馬は支点が後膝になり、一完歩(歩幅)が大きく伸びのある走りが期待できると言うことで好む人が多いようです。
斜尻と併せて「斜尻直飛節の馬は走る」と思っています。

曲飛節は脛と管の角度が90度に近く、直角に曲がって見える飛節を指します。
直飛節の馬は支点が飛節になり、バネの利いた瞬発力が期待できると言う人もいますが、
脚の戻しが早く伸びを欠くと言う事で敬遠する方が大半ですね。

首差しを見る 相馬眼

相馬眼 強い馬の見極めポイント 首差しを見る

首差しはリズミカルな走りに欠かせない部位と考えます。
リズミカルな走りの出来る競走馬はスタミナの消費を最低限に抑えることが出来ると思います。
確認するポイントとしては3点
首差しの角度、長さ、太さを確認します。


首差しの角度 相馬眼

競走馬の首差しを真横から見たときに、首差しが45度以下(低い)であることを確認する。
低すぎるということはありませんので、低ければ低いほどよいでしょう。
首差しが低いほど、リズミカルな走りが期待できます。


首差しの長さ 相馬眼

競走馬の首差しを真横から見たときに、首差しが長すぎないか確認する。
極端に首差しの長い馬はリズムが取りにくく、スタミナを浪費してしまう可能性があります。
体長の1/3程度がよいでしょう。


首差しの太さ 相馬眼

競走馬の首差しを真横から見たときに、首差しが太すぎないか確認する。
長さ同様、極端に首差しの太い馬はリズムが取りにくく、スタミナを浪費してしまう可能性があります。
胸の深さの1/2程度がよいでしょう。

顔を見る 相馬眼

相馬眼 強い馬の見極めポイント 顔を見る

顔は競走馬の気性、性格、成長、スタミナを知る上で重要な部位と考えます。
気性や性格の良い馬は、調教師や騎手の言う事を良くきくでしょう。
結果として効率の良く訓練を受け、レースでも力を発揮する事が出来ると考えます。
ポイントとしては6点
顔の大きさ、黒目の大きさ、耳の向き、鼻孔の大きさ、あごの張り、唇のかみ合わせを確認します。


顔の大きさ 相馬眼

競走馬の顔を真横及び前方から見たときに、顔が小さいか確認する。
全体のバランスにも関係してきますが、顔が大きいと走る時に負担が大きくなると考えます。
(実際に走る馬は顔が小さいことが多いです。)
小さければ小さいほど良いと思います。
長さで言えば首差しの長さの2/3程度が良いでしょう。


黒目の大きさ 相馬眼

競走馬の顔を真横及び前方から見たときに、黒目が大きいか確認する。
黒目の大きな馬は素直な気性であるケースが多いようです。
白目が見えないくらい黒目が大きい馬が良いと考えます。
(逆に白目を向いている馬は、気性に問題がある場合があります。
良い方向に育てば闘争心に変わるかも知れません。)

耳の向き 相馬眼

競走馬の顔を真横及び前方から見たときに、耳がまっすぐ前方に向いているか確認する。
馬は意識のある方向に耳を向けます。
耳がまっすぐ前方に向いている馬は集中力の高い馬であると考えます。

鼻孔の大きさ 相馬眼

競走馬の顔を真横及び前方から見たときに、鼻孔が大きいか確認する。
鼻孔の大きな馬は一度に吸い込む酸素の量が多く、スタミナが持続すると思われます。
(人間の世界でも、マラソンランナーが鼻孔を広げるテープを利用している事がありますね。)

あごの張り 相馬眼

競走馬の顔を真横及び前方から見たときに、あごが大きく張り出しているか確認する。
あごの張りが大きい馬は、噛む力が強いと考えます。
飼い葉をよく噛み砕いて消化する為、順調に成長するであろうと推測できます。

唇のかみ合わせ 相馬眼

競走馬の顔を真横から見たときに、唇のかみ合わせが上下そろっているか確認する。
あごの張りの大きい馬同様、唇のかみ合わせが良い馬は、飼い葉をよく噛み砕く事が出来ると考えます。
必要な量の飼い葉を摂取出来る為、順調に成長するでしょう。

全体のバランスを見る 相馬眼

相馬眼 強い馬の見極めポイント 全体のバランスを見る

各部位についてはいままでの項目でご理解頂けたと思います。
しかし、全体のバランスが悪いと効率良く走る事が出来ないと考えます。
ポイントとしては4点
胸とトモのバランス、き甲とトモのバランス、前脚と後脚の管のバランス、重心を確認します。


胸とトモのバランス 相馬眼

競走馬を真横から見たときに、トモが胸と同等(もしくはそれ以上)に大きく見えるか確認する。
胸は深ければ深いほど大きく見えます。
その胸と同等以上にトモが大きく見えるとバランスの良い走りが期待できるでしょう。

き甲とトモのバランス 相馬眼

競走馬を真横から見たときに、き甲とトモの高さが同等で水平に見えるか確認する。
前と後の脚が適切な長さとクッションを持っていればき甲とトモの高さが水平に見えてきます。
それぞれの脚の長さがちょうど良いか確認出来るでしょう。

前脚と後脚の管のバランス 相馬眼

競走馬を真横から見たときに、後脚の管が前脚の管の1.5倍以上長いか確認する。
前脚の管が長ければ、故障が生じやすく、後脚の管が短ければ伸びのある走りができないと思います。

重心 相馬眼

競走馬を真横から見て、き甲から地面まで垂直に延ばした線の中間点に重心があるか確認する。
重心が前により過ぎていても、後により過ぎても良い走りは期待できないと考えます。
上下の重心も同様だと思います。

数多くの馬を見る 相馬眼

「そんなわかりきったことを・・・」と思っていらっしゃる方、
その先入観が相馬眼の鍛錬の妨げになっているかも知れません。
あたりまえのことですが、いえ、
あたりまえのことだからこそ「いつでも出来る」とか「いつかやってみよう」という気持ちが強く、
実はやっていない事が多いのです。
私も経験がありますが、「いつかやろう」は「やらない」と同じ事です。

「もう既にたくさんの馬を見ているよ」とおっしゃる方、もっともっと見る必要があると思います。
既に500頭見ているなら1000頭、1000頭見ているなら2000頭といまよりももっと多くの馬を見る事です。

本当に相馬眼を磨き、走る馬を見分け、
勝利の感動を味わいたいと思うなら、いますぐはじめることをオススメします。

毎年牧場見学に行くのが良いのですが、なかなか時間もお金もかかりますでの難しいですよね。
競馬場のパドックを見るのも良いですし、Gallopなどの競馬情報誌を見るのもよいでしょう。
一口馬主クラブのカタログは無料で提供しているところが多いのでカタログで見るのも良いですね。
このページで上げたポイントを参考に馬をよく見てください。

もっと効果的な方法 相馬眼

実はもっと効果的な方法があります。
それは「既に実績を残している多くの[優良競馬予想サイト]を数多く見る」ことです。
[優良競馬予想サイト]であれば、プロ予想家の相馬眼を参考にできます。
また、無料情報もあるサイトがあるので参考にできますし、
そのまま情報を購入しても損のない情報を得ることも可能です。

優良競馬予想サイト ダービークエストDERBY QUEST

優良競馬予想サイト ダービークエスト(DERBY QUEST)

『ゲームのような競馬予想サイトが現れた!』 ダービークエストではまるでRPGのような世界観で、まるでゲームをしているかのような気持ちにしてくれる。
「楽しく稼ぐ」をコンセプトにゲームを楽しみながらお金を稼ぐことを両立させた全く新しいサイトだ。
的中率や想定払戻金額をレベル表記にすることで自分に合った情報が見つけやすくなっている。
もちろん「楽しい」だけではなく「稼ぐ」ことにもしっかりと力を入れている。
特に的中率に自信があるようで、的中に特化したプランの人気は絶大だ。


優良競馬予想サイト ダービークエストDERBY QUEST) の続きを見る>>

優良競馬予想サイト 虎馬-TORAUMA-(とらうま

優良競馬予想サイト 虎馬-TORAUMA-(とらうま)

「実力がない悪徳サイトは立ち去れ!」
そう豪語する「虎馬-TORAUMA-」は利用者を不的中の「トラウマ」から解放するべく
競馬情報会社の傾奇者として颯爽と現れた。
「無料情報」「初回全プラン半額」「専属アドバイザーを配属」「ポイント返還」
上記のような様々な特典を用意しており、利用者が安心して利用できる環境をしっかりと整えている。
悪徳会社に騙された人を救うべく、少しでも多くの利益を届けようとする姿勢に利用者からも高評価を得ている。


優良競馬予想サイト 虎馬-TORAUMA-(とらうま) の続きを見る>>

優良競馬予想サイト ホースBC(HorseBC)

優良競馬予想サイト ホースBC(horsebc)

各情報(Block)が繋がる(Chain)とき、最上級の情報(Block Chain)が完成する。
ホースBCでは「血統」「騎手」「調教師」「馬主」「適正」「馬場分析」の6つのセクションから様々な情報をかき集め、分析し、統合。
寸分違わぬ正確無比な的中にあなたも驚かれること間違いないでしょう。
サイトの作りはいたってシンプル。実力だけでのし上がってきた、今一番注目されているサイトと言っても過言ではありません。
余計なものをそぎ落とし、的中させることだけに全力を注いでいるホースBCのストイックな姿勢には感心させられます。


優良競馬予想サイト ホースBC(HorseBC)の続きを見る>>

優良競馬予想サイト BACCESSバクセス

優良競馬予想サイト BACCESS(バクセス)

クローズドで実績を上げ、利用者のからの声を受け
新たにオープンでのサービス提供を始めたBACCESS
数多くのプランがあり利用者のニーズにあったプランを利用することができるので安心できる。
初回限定大幅値下げのプランもあり、初心者も安心して参加しやすい環境を整えてくれているのも高評価だ。
利用者のことを一番に考えているからこそ実現できるBACCSESSの豊富なサービス。
BACCSESSならばあなたも満足のいく結果を得られること間違いないでしょう。


優良競馬予想サイト BACCESSバクセス)の続きを見る>>

総合ランキング 1位
ワンアンドオンリー(ONE&ONLY)

優良競馬予想サイト ワンアンドオンリー(ONE&ONLY)


総合ランキング 2位
キメルケイバ

優良競馬予想サイト キメルケイバ!


総合ランキング 3位
ラッシュ(RUSH)

優良競馬予想サイト ダービークエスト(DERBY QUEST)


総合ランキング 4位
虎馬-TORAUMA-(とらうま)

優良競馬予想サイト 虎馬-TORAUMA-(とらうま)


総合ランキング 5位
BACCESS(バクセス)

優良競馬予想サイト BACCESS(バクセス)

↑ PAGE TOP